シャープエアコン

シャープAY-B2EX-W

やっと出会えたエアコン。お掃除機能付き2012年製シャープAY-B2EX-W。

当店への依頼の多くは2006年から2010年のシャープのお掃除付きエアコン。構造が複雑でネジが多く、配線が毛細血管のように張り巡らされているため、分解と組立に時間がかかる機種ばかりでしたが、ついに出会えたAY-B型。

仲間から話には聞いていました。AY-A型とAY-B型は分解と組立が超簡単と。

実際に作業を行ってみた感想。「素晴らしい!」の一言です。唯一の不満は、ドレンホースを固定するネジだけ。位置が正面なら文句なし!

カバー・お掃除ユニット・基盤・ドレンパン。そしてクロスフローファンまで超簡単に分解できる。お掃除機能付きエアコンの中で一番素晴らしい構造。

ダストボックス方式なので、従来の排気ファンもありません。AY-A型より更に進化しているAY-B型。多分、全メーカー全機種の中で一番だと思う。

準完全分解まで出来るので、洗い残しの無いクリーニングが可能な機種です。この機種で、クロスフローファンを外さず洗浄なんてありえない!

思わず「やるじゃん!シャープさん♪」と、作業中に独り言が・・・(^^)

シャープお掃除機能付きエアコンクリーニング

ダストボックス・お掃除ロボ・エアコンの基盤

①カバーを開けて最初にビックリ!あれ?ダストボックス・・・あの必ずホコリが詰まる役に立たない換気ファンが無い・・・②お掃除ロボ。③外すコネクターの数が少ない。配線も短く、以前のように脚立を右や左へ移動しながら作業する必要が無い。

エアコンのお掃除ユニットを取り外した状態。

①お掃除ロボはネジ4つで簡単に取り外せます。②内外線とアース線・センサー類を取り外す。③基盤がボックスごと外せます。④写真の状態になります。基盤まで超簡単に分解できるので、水濡れによる故障のリスクも回避できますね。

シャープエアコンドレンなパンを取り外す

①技術の無い安請けの業者さんは、この状態でクリーニングをします。②この機種で唯一時間が掛かったドレンホースを止めているネジ。でも許容範囲内。③ドレンホースを取り外すと、ドレンパンはネジ2つで簡単に脱着できる仕組みが嬉しい。

簡単に取り外せるクロスフローファン。

①準完全分解状態で洗浄できます。②外したドレンパン。③簡単に取り外せるクロスフローファン。④ドレンパンに付いているモーター類も簡単に分解できます。ここまで分解に要した時間は、以前までのシャープさんの半分。

エアコンクリーニング後の写真

①洗浄後。②の状態で洗浄できるので洗い残しがありません。お客様にも喜んで頂きました。③分解したエアコンのパーツ類。シャープのエアコンAY-B2EX-Wは、お掃除機能付きエアコンの中で一番簡単な機種でした。(^^)


「他の店で出来ません。と断られたから。」当店へ依頼がある理由の一つです。同業他社が嫌がる程、2011年製までのシャープお掃除機能付きエアコンは複雑で、分解と組立・更に取り外したパーツ類の分解に時間と技術と経験を要する機種でした。

でも、この機種は違った。やればできるじゃん。シャープさん。噂通り作業しやすい機種でした。準完全分解の状態で高圧洗浄できるので、臭いに敏感なお客様も大満足で喜んで頂けました。


お問い合わせ
メールフォーム

このページの先頭へ

イメージ画像