富士通エアコン

富士通AS-R28W-W

前回、富士通エアコンを完全分解でクリーニングしている内容を記載しましたがお掃除機能付きエアコン「ノクリア」でも、年式や設置環境次第では完全分解でクリーニングしています。

今回は、2010年製の富士通ノクリアAS-R28W-W。

以前のタイプは、カバーが非常に外しにくい・上部にパンタグラフ・外すネジが多い・ルーパー部にバネ・などなど・・・構造に難がありすぎて分解まで時間を要していたため、とても完全分解まで出来ませんでした。

この機種は、順番通りに分解していけば、お掃除ロボまで簡単に分解できます。

後は設置環境。エアコンの上下左右に分解できる隙間がある事・エアコンの下に余計な物がなく、配管に余裕があり、電気配線を配管用テープで巻いていない。

などなど、設置環境に問題が無ければ、お掃除機能付きエアコン「ノクリア」も完全分解でクリーニングが出来ます。ただし、時間は必要です。

勿論、完全分解洗浄でも追加費用は一切頂いていません。しかし、全ての年代のモデルがこのように完全分解できるわけではございません。あしからず。

富士通エアコンクリーニング

ノクリアの分解

以前の富士通ノクリアと言えば、本体のカバーが非常に外し難い、グリル上部にパンタグラフ、などなど・・分解するのに大変面倒な構造でしたが、2008年頃から下・右・左と3分割で簡単に分解できるような仕組みになっています。

お掃除ロボットを取り外した状態

①お掃除ロボ(ユニット)と電気基盤。②お掃除ロボと基盤を取り外した状態。③完全分解が出来る機種や設置状況の場合は、ここからゴッソリと下部を取り外します。もう一度言います。機種の年式と設置状況次第です。

一体型ドレンパンとクロスフローファン。

①夏場は図のドレンホースを外すとドレンパンの中の水が出てきます。②モーター・背面板・フローファンを取り外した様子。③フローファンとモーターの接続部。スペースがあったのでオマケ♪(^^)

エアコン完全分解の状態。

①富士通ノクリア・AS-R28W-Wを完全分解した状態です。②勿論、ドレンパンにはモーターやセンサー等が付いていますね。③分解できる物は外します。お掃除ロボは洗浄できないので、拭き上げになります。(これに時間が掛かる)

クリーニング後の熱交換器

①洗浄完了。完全分解なので洗い残し無し。②熱交換器をエコ洗剤で徹底高圧洗浄後。③真下から中を覗いた様子。
お客様へ、当たり前の事ですが分解と組立が多い程、作業に時間が必要です。特に完全分解なら尚更時間が必要です。

あとがき

最初に説明しましたが、全てのエアコン(富士通ノクリアも含む)で完全分解が出来るわけではありません。

設置環境・メーカー・機種・年式・作業時間などにより、出来ない事の方が多いと思います。

これらは、実際にお伺いして作業をしなければ分からない時もあります。電話で聞かれても同じ事を言います。

当店は、故障や破損を一番嫌います。無理をして壊しては本末転倒です。今出来る事を出来る状況下で全力で作業を行います。

絶対に完全分解でクリーニングをして欲しいお客様は、メーカー・分解専門でされている業者に依頼すると良いでしょう。


お問い合わせ
メールフォーム

このページの先頭へ

イメージ画像