エアコンの臭い

エアコン洗浄スプレー

「水漏れで・・・」「悪臭が・・・」今年に入ってから何件だろう?

実際にお伺いして、お客様に確認すると多くはホームセンター等で売られている市販のエアコン洗浄スプレーを使用していました。

熱交換器は茶色に焼けて、フローファンはカビとホコリ。何よりも強烈な臭い!本体カバーを開けるとすぐに分かります。・・・(^_^;)

水漏れでは、ドレンホースの中がスライム状の固まりで排水出来ない状態に。

気持ちは分かります。通常のエアコンクリーニングの場合、1台1万円前後かな?お掃除機能付きの場合、1台2万円前後かな?(全国平均で。)

それに比べて、市販のエアコン洗浄スプレーが500円程度で売っていたら、誰でも目移りしますよね。しかし!実際はエアコンにとって良くない製品なのです。

今回は、実際に使用されていたエアコンを例に見てみましょう。

エアコンから臭いが・・・

エアコン内部の汚れ

前面カバーを開けた瞬間に襲ってくる強烈な酸っぱい悪臭!ファンの中を覗くと案の定!この時点で、お客様に確認。
「市販のエアコン洗浄スプレーを使用しましたか?」「はい。」やっぱり・・・(^_^;)

フルカバーを外すと悪臭が更に強くなる。とてもマスクなしでは作業できません。熱交換器が焼けて茶色に変色しています。

焼けた熱交換器

ドレンパンまで外した状態を、お客様に確認して頂きました。ファン部分の中まで洗浄スプレーをした結果です。如何ですか?エアコンに残った洗剤成分でカビが繁殖して、洗剤の粘着性によりホコリが綿のように付着しています。

最初の試運転の際に、ホコリが邪魔をしてエアコンの風が弱い状態になっていました。何よりも臭いが・・・(^_^;)

取り外したエアコンの部品

取り外したフルカバーとドレンパンです。ちなみに今回のエアコンは購入して1年足らずの製品です。ね、酷い状態でしょ。

クリーニング後

洗浄後の写真です。悪臭も無くなり、熱交換器・フローファン・ドレンパン共にキレイになりました。作業後、お客様が市販のエアコン洗浄スプレーを捨てていました。


本当に気持ちは分かります。分かりますが、実際の経験がコレです。酷い場合は水漏れを起こします。

特に繁盛期である夏に「急に来てくれ」と言われても無理です。多分、ほとんどの業者さんは無理だと思います。
結果、安請け業者へ依頼することになり、適当なクリーニングで臭いや水漏れが改善しないケースもよく聞く話です。

エアコンから水漏れ

エアコン水漏れ

左の写真の赤丸部分は、市販の洗浄スプレーが原因と思われる水漏れエアコンのドレンホースの中から出てきたスライム状の固まりです。室内機側から高圧洗浄機で押し出しました。

スライム状の固形物がドロッと出てきます。市販のエアコン洗剤の固まりです。

では何故?市販のエアコン洗浄スプレーを使用すると、悪臭や水漏れを発生させるのか?

それは、エアコン内部から発生する水分だけでは、洗剤を洗い流す事が出来ないからです。

家庭用エアコンは、室内機の勾配だけで中の水分を外へ排出する構造なので、十分なすすぎを行わないと洗剤が外へ排出されず、エアコン内部・ドレンパン・ホースに洗剤が残ります。

すると、残った洗剤成分を餌にカビが繁殖します。洗剤成分が原因で悪臭が発生します。素材の変色やサビの原因になります。細いドレンパンやドレンホース内でスライム状に固着して水漏れの原因になります。

これは、市販のエアコン洗浄スプレーを使用した場合に限らず、適当に早く済ませる安請け業者の作業後にもよくある事です。園芸用の噴霧器では無理です。キチンと高圧洗浄で洗い流す業者を選ぶ事が大切です。

あとがき

※ 基本当店では、水漏れしているエアコンに対応していません。先ずはメーカーにお問い合わせ下さい。

「どうしても」と言わる場合は、全ての作業において保証対象外になります。水による様々なリスクが高いからです。

また、エアコンクリーニング別に、余計なリスク・作業・時間が必要なため、別途で追加費用を頂きます。

そして、エアコン周辺に物が無く作業がしやすい環境なら良いが、電気機器やタンス・ベッドなど移動できない物がある場合は作業を行いません。エアコンを分解する段階で周辺に水がこぼれます。

これらの条件を理解して頂ける方に限り、クリーニングと合わせて作業をさせて頂いています。予めご了承下さいませ。


お問い合わせ
メールフォーム

このページの先頭へ

イメージ画像