完全分解クリーニング

東芝エアコン

今回は、旧居から新居へ取り付ける前に、再度キレイにしてから使いたいというお客様からのご要望で「お持ち帰り完全分解クリーニング」を行いました。

機種名は、東芝製エアコンRAS-221SDR-W。勿論、お掃除機能付きです。

「お持ち帰り完全分解クリーニング」は、引っ越し時期に稀にご依頼を頂く為、通常のメニューには載せていません。裏メニューです。

つまり、旧居に付いているエアコンを持って帰り完全分解洗浄でキレイにした後引っ越す前に新居へ取り付ける作業です。

そのため、エアコンの脱着費用等が別途必要になります。しかし、通常の壁掛け洗浄とは違って洗い残しが無く、ほぼ新品の状態にまでキレイになります。

特に今回の東芝製RAS-221SDRは曲者で、完全分解洗浄の価値のある機種です。

東芝エアコンRAS-221SDR完全分解洗浄

東芝エアコンの分解

先ずは、いつものように付属品やカバー・お掃除ロボ等を分解します。壁に付いている状態だと面倒な換気ファンも楽に分解。

熱交換器だけの状態

換気ファンや基盤も分解。エアコンに付いている物を全て取り外し、熱交換器と背面一体型のドレンパンだけの状態にします。

東芝エアコンの熱交換器

背面一体型のドレンパンから熱交換器を取り外します。モーターとファンを止めている六角ビスが錆びてとても固い。

東芝エアコンSDR型

取り外したファン。今回、冒頭で「東芝製RAS-221SDRは曲者」と書いた理由がコレ!赤丸部分です。SDR型のシリーズには、この白色バーの裏に、なんと送風ファンを自動で清掃するブラシが付いています。

このファンを清掃するブラシ・・・壁に付いた状態で分解と組立が出来る人いますか??使用しない時は中に隠れている状態。そのため、設置状況などでファンが抜けない状態だと無理。もし分解できたとしても、目視で組立て出来ません。感頼り。

間違いなく多くの業者は、外さずに付いた状態で洗浄しています。清掃ブラシの存在さえ、知らない人もいるはずです。

完全分解した一体型ドレンパン

完全分解するとファンブラシも簡単に外れます。黒で覆われたドレンパン内部も目視でキレイに出来ます。熱交換器も遠慮なく高圧洗浄機でジャブジャブ洗う事が出来ます。天気が良い日は日光浴で自然消毒も可能ですね。

完全分解後の部品

熱交換器の裏側も洗い残しません。東芝エアコンRAS-221-SDR完全分解の部品。取り外した部品類で洗えない物は、細かな部分までキレイに拭き上げます。問題は写真右側。お掃除ロボに付いているモーター類。これを外すと後で大変な事になります。


今回の東芝エアコンSDR型は、お持ち帰り完全分解クリーニングで正解だと思います。東芝お掃除機能付きエアコンの中でも、ファンブラシが付いているのはSDRだけです。この余計な機能さえ無ければ、他のモデルと同じく洗いやすいメーカーです。

このSDR特有のファン清掃ブラシ付きモデルは、僅か1年で消滅した機種なので出会う事も少ないと思いますが、万一ご依頼があった場合は、壁に付いた状態で完全分解できるか判断してから請けたいと思います。

お持ち帰り完全分解クリーニングについて

当店が裏メニューとして請けている「お持ち帰り完全分解クリーニング」についてご説明します。

①先ず、ご依頼下さったお客様宅へ電気資格を有する電気屋さんとお伺い致します。

②エアコンを取り外す前に異常がないか試運転をした後、当店が持って帰ります。

③当店が完全分解にてクリーニングを行います。

④取り外した電気屋さんが、お客様のご希望日に取り付けに伺います。異常が無いかチェックして完了です。

価格は、お掃除機能付きエアコン代+エアコン脱着代が必要です。だたし、旧居や新居は福岡市内に限ります。


お問い合わせ
メールフォーム

このページの先頭へ

イメージ画像