日立お掃除エアコンクリーニング

日立エアコン白くまくん

暖かい4月になってエアコンクリーニングのご依頼が増えている今日この頃・・・

今回は2008年製、日立お掃除機能付きエアコン白くまくんRAS-S28X。

このタイプは、去年だけでも約40台以上はクリーニングしているので、大好きな機種ですが、今回は右側が壁に接近して設置している状態です。

基盤は右側。なんとか掌は入りますが、コネクターが見えない・・・(^_^;)

久しぶりに鏡を使っての分解作業です。少し時間がかかりましたが、慣れている機種で良かった♪コネクターを抜くのは良いが、差し込むのに手間取りました。数年前のパナソニック・ナショナル・シャープ製の場合は、お断りするかも?

後はいつもと一緒♪サクサクと迷う事無くキレイに分解洗浄できる機種ですよ。お馴染みのステンレス・クリーンが売りですが、やはり内部は汚れていました。

日立お掃除エアコンの分解クリーニング

日立エアコンの基盤とドレンホース

オープンカバーを外した状態です。写真2枚目。後少し隙間が欲しい。3枚目の写真は鏡を使っているので、コネクターの向きが左右逆になっています。洗浄後に鏡を見ながら同じように復元します。ドレンホースは問題なし。簡単に外せます。

エアコンの熱交換器・ファン・ドレンパン

分解後の熱交換器からは酸っぱい臭いが・・・。ファンとドレンパンにはカビが・・・。よくある光景です。

ドレンパンの部品・洗浄

ドレンパンを洗う為にゴチャゴチャした部品類を分解します。天気が良いのでベランダをお借りして洗浄。その後は日光消毒?分解したカバーやフィルター・部品類も全てベランダで洗浄後日光消毒。洗浄機が頑張っている様子。

洗浄後の日立エアコン

洗浄後の熱交換器・ファン・ドレンパン等です。組立の際に、鏡を見ながらコネクターを復元させるので少し時間がかかった。それ以外は、悩む事無く分解・組立・洗浄しやすい日立のエアコンです。

あとがき

実は、お客様と事前に内部が汚れているのは、想定済みで作業を行っています。

と言うのも、昨年に家中のエアコンを安請け業者に依頼をして、適当に洗浄されて当店へ依頼が来たエアコンなんです。

安請け業者の作業内容と言えば、オープンカバーを開けてフィルターを外した隙間から、園芸用の噴霧器で洗剤をかけて終了。家中のエアコン5台を(お掃除機能付き4台含む)1人で僅か3時間足らずで完了したそうです。

案の定、残りの4台も酷い状態でした。洗剤をかけたまま、すすぎをしていないのでは?全部の機種で酸っぱい臭いが酷かった。お客様がクレームを言っても「洗浄後に暖房で内部を乾燥させなかったお客様が悪い。」との事。

通りの大きな看板には顔写真があり、名前も企業らしいネーミングだったので安心だと思ったらしい。でも、この安請け業者の後にクリーニングへお伺いしたのは1件や2件ではありません。結構、悪質で有名らしいけど・・・あえて会社名は言いません。

エアコンクリーニングには定義がありません。どこまで、どのように作業を行うかは依頼した業者次第です。

値段だけで判断して大丈夫ですか?


お問い合わせ
メールフォーム

このページの先頭へ

イメージ画像