日立エアコンRAS-Z56D2

日立エアコン白くまくんZ

2013年頃から各メーカーのエアコンがフルモデルチェンジしています。

今回は、2013年製モデル日立RAS-Z56D2。「くらしツインカメラ」搭載したステンレス・クリーン白くまくんZ。初めて対応する機種です。

現在のエアコンの主流らしく、前面にでーんと張り出した外観。

初めてのモデルの場合は、今後の為に記録写真を撮りながら作業を行うので、通常よりも時間がかかります。特にハイスペックモデル。

Zシリーズで驚いたのは基盤が前面になっている事。これは嬉しい誤算です。取り外すネジも全て前面に向いているので、上下左右に隙間の余裕が無くても分解洗浄できる機種です。

エアコン内部の通風路・フラップ・フィルターに使用している日立独自のステンレスクリーンは継承していますが、あまり役に立っていないような・・・

そんな日立エアコン白くまくんRAS-Z56D2の分解クリーニングです♪

日立RAS-Z56D2分解洗浄

暮らしツインカメラ搭載エアコン

オープンカバーを外し分解開始。ツインカメラ登場。長く細い正面フィルター。全てのダストボックスにはホコリがいっぱい♪さすがに限界ですね。お掃除ロボの機能がキチンと働いていた良い証拠です。

日立エアコンの汚れ

正面基盤2つ。コレは大変ありがたい。日立のお掃除機能付きエアコンは上部に隙間が無くても外せます。基盤の後ろに小さなフィルターが付いていた。今回、分解に1番時間がかかったのが癖のあるドレンパン。組立はスムーズだった・・・(^_^;)

お掃除エアコンの分解

分解後の熱交換器は、まだ症状が軽い。だけど、ファンやステンレス通風路はカビ・ホコリで汚れています。ドレンパンには、左右後部分にモーターがあります。分解したパーツ類は浴室で洗う為、濡れてはいけない物は取り外す必要があります。

高圧洗浄後の日立エアコン

高圧洗浄後のファンとステンレス通風路。洗浄後のパーツ類だけでなく、ドレンパン内部やフィン部分もキレイになりました。お客様からも作業完了後の試運転の際に「全然臭いがしなくなった。」と言って頂きました。

あとがき

今回の日立お掃除機能付きエアコンRAS-Z56D2白くまくんZ。何故か?予想よりも大幅に作業時間がかかり、もう1台予定していたエアコン(普通機)にまで手が回りませんでした。

お客様に「別の日でも良いよ。」と、気持ち良く言って頂きましたので助かりました。

お気遣い有難う御座います。次回からは、かなりの時間短縮が可能です。数日後、残りの1台を洗浄して無事終了しました。

今年は、春頃から気温が高くなる予報なので、丁度良い季節にエアコンクリーニングが出来ました。


お問い合わせ
メールフォーム

このページの先頭へ

イメージ画像