ダイキン・エアコン

ダイキンF56PTRXP-w

本日は福岡市東区でダイキンF56PTRXP-wのエアコンクリーニングです。

8月の予定でしたが猛暑が厳しく、愛犬と一緒に作業時間中にエアコンが使えない状況は良くないと判断した為、10月になりました。

スタンダードタイプとは異なり、お掃除機能付きエアコンは時間がかかります。

2013製のハイスペックモデル「うるさら7」は、以前までの左右角下に小さなルーパーがない。代わりに真下にルーパーを追加しています。

更に今回のエアコンの印象・・・とにかくデカい!幅ではなく前面へでーん!と張り出したスタイルは妙な威圧感さえ感じさせます。

上位モデルなのでストリーマー機能や換気ファンも付いています。

予想以上に時間がかかるかな?と思いましたが、以前よりも構造が分かりやすく良くなっていると思います。お掃除ロボも丸洗い出来るしね♪

ダイキン・エアコンF56PTRXP-w分解クリーニング

うるさら7

うるさら7の外観。重量感満載です。真下にあるルーパー。先ずはカバーや装備類を次々外して作業を進めます。

うるさら7の基盤

前シリーズと異なる部分の基盤。真ん中ではなく右端にあります。左側には換気ファン。勿論、取り外して洗います。

うるさら7の分解

お掃除ロボを外します。吹き出し口の左右風向き板も分解。今回、気になったのがビスではなく、ツメを多用している事です。樹脂製のツメは、数年後には劣化で自然と折れやすくなります。今回も慎重に分解するので時間がかかりました。

洗浄前の様子

洗浄前のフローファン・ファンカーブ。熱交換器。左右風向き板です。1年中使用しているので、カビが大量に発生しています。

洗浄後の熱交換器

洗浄後のフローファン・ファンカーブ。熱交換器。お掃除ロボの裏側。熱交換器に厚みがあるので洗浄に時間がかかります。

うるさら7の洗浄後

洗浄後の分解部品類。丸洗い出来るお掃除ロボはGood!左右風向き板もキレイ。ダストボックス内も回転ブラシも洗浄。


新型の構造で思ったのが取り外す部品の量だけでなく、本当にツメを多用しています。また、何?あの熱交換器の厚み。いる?洗浄に1番時間がかかった。部品類は全部分解して丸洗い出来るのが良かった。そんな、うるさら7の分解クリーニングでした。

あとがき

10月になっても残暑が厳しい今日この頃。皆様、体調管理にはくれぐれもご注意下さいませ。

この季節に入ると、年末の水回りクリーニングのご依頼が始まります。特に常連様やお得意様は予約が早い早い。

エアコンクリーニングから徐々にシフトする感も風物詩のようです。現在ハウスクリーニングのHPをリニューアル中なのですが思うように進みません。CSS3?HTML5?XHTMLじゃないの?また1から勉強し直しです。

スマホ対応のレスポンシブwebにする?しない?などなど・・・。

水草水槽もそうだけど、常に何かをしているような気がする。毎度同じじゃ飽きる?落ち着きがない?

もう、やりたい事とやらなければならない事が多すぎて毎日フラフラです。本当に困った・・・。


お問い合わせ
メールフォーム

このページの先頭へ

イメージ画像